北海道(観光・ホテル)

【定山渓】翠山亭倶楽部定山渓のお気に入りの場所!ゲストラウンジについて

翠山亭倶楽部定山渓の最後の記事、ゲストラウンジについて書いていきます。

今回の翠山亭倶楽部定山渓の記事は4つに分けています。

【定山渓】翠山亭倶楽部定山渓で、二十四節季を感じる。(パブリックスペース)最近は、道内の温泉旅館に少しずつハマりかけている我が家。 2019年の夏に宿泊した【ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄】がキッカケです。...
【定山渓】翠山亭倶楽部定山渓の各部屋には、源泉が引いてあります!(洋室)前回は、翠山亭倶楽部定山渓のパブリックスペースについて書きましたが、この記事ではお部屋に付いて書いていきます。 この次が食事について。...
【定山渓】翠山亭倶楽部定山渓のディナー&朝食で二十四節季を愛でる北海道・定山渓はおいしい水と空気に恵まれ、そして季節のめぐりがことさら鮮やかな土地です。 春夏秋冬のめぐりの間にも季節をつなぐ表情がそ...

翠山亭倶楽部定山渓のゲストラウンジについて

フロントロビーの上の2~3階にあるスペースです。(吹き抜けになっている)
ラウンジには、タンノイのスピーカーが置かれていて、ラウンジは書籍と道内作家さんのアートに囲まれています。

営業時間7:00~11:00 / 15:00~23:30
7:30~11:00セルフサービスサービスタイム(ヨーグルトや蜜煮)
15:00~19:00セルフサービスタイム(ハーブティーやアルコール)
20:00~23:30バータイム(バーテンダーが常駐します)

ゲストラウンジの様子

お部屋でチェックインの手続きを終了して、さっそくゲストラウンジに行く事にしました!


↑一般宿泊棟(北東側)からゲストラウンジに向かうと、道内作家さんのアートや器が展示されているのが見えます。


↑細い通路を入ると。。。


↑こちらがゲストラウンジです。


↑書籍やアートが飾られています。
アートは、販売もしているようでした。


↑奥のソファー席からラウンジのエントランス側。


↑一番奥のソファー席を気に入って、毎回そこに座っていました。

15:00~のセルフサービスタイム

バータイムまでの間は、セルフサービスタイムでカウンターに色々セッティングされていました。


↑コーヒーマシン
ですが、ホットコーヒーとアメリカンしか出ないヤツです。


↑紅茶の種類が豊富でテンションが上がりました。
変わったところでは、ストロベリーやメープル等あります。


↑カップは、落ち着いた感じです。


↑お茶のコップもあります。
このポットは、紅茶&お茶用でお湯が入っています。


↑赤・白ワインとオレンジジュース


↑こちらは、飲んでないのですがハーブティーか何かでしょうか?


↑ちょっとしたおつまみ。
左が石チョコ、右柿ピーです。


↑白ワインと石チョコ&柿ピー

20:00~のバータイム


↑タンノイのスピーカー
ここのエリアは、入る事が出来ません(当たり前w)
バータイムには、ここにバーテンダーが立っています。


↑メニュー1


↑メニュー2


↑メニュー3

他にも色々メニューがあります。
有料メニューもありました。


↑当日は、ジンジャーエールが品切れだそうでw
カシスソーダとウィスキー

7:30~のセルフサービスタイム

朝食後に、ヨーグルトが提供されていると聞いて寄ってみました。


↑ヨーグルトとフルーツの蜜煮


↑隣には、フルーツソースもありました。

ゲストラウンジを利用した感想

グループホテルのフラノ寳亭留と比べると、見劣りする内容です。
ですがセルフサービスの時間が長いので、フラノ寳亭留よりも気軽に利用できると思います。
とても素敵なラウンジなのに、利用している人が少ないのも良かったです。

バータイムは、バーテンダーさんがカウンターのお客さんと話が盛り上がり過ぎて、ちょっとラウンジの雰囲気が騒々しくなる感じもあります。
(話が盛り上がっているので、申し訳なくてオーダー出来ない)

でも、総じて素敵な宿泊施設でした。
コロナ明けには、絶対に又泊まりに行きます!!

翠山亭倶楽部定山渓の口コミ&公式ホームページ

↓施設の口コミ&予約(一休.com)

↓食事の口コミ(食べログ)

↓公式ホームページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です