札幌グルメ(和食)

【札幌】はちきょうの姉妹店【八響】で、イクラのつっこ飯を食べました!

2019年8月に、元祖つっこ飯で有名な【海味はちきょう】が完全予約制の店舗をオープンさせました!

オープンさせて落ち着いた頃の2019年12月に、満を持して?!予約して行ってみました。

海味はちきょうとは?

よくテレビで札幌すすきのの海鮮居酒屋さんが中継されていて、丼にイクラを

おいさー!おいさー!

と突っ込んでいる場面を見たことがあると思いますが、その店ですw←雑な説明

系列店舗が6店舗かあって

と、今回紹介する【八響】があります。

八響の場所は?


↑よくススキノと書いているのを見ますが、この場所から言うと道民的には大通とか狸小路の海鮮料理屋さんですね。

エントランスが隠れ家風

初めて行く方は、多分エントランスがどこなのか分からないかもしれません。
はちきょう本店の奥の方?!にあります。
奥の方と言っても、はちきょうの中にはありませんよ~。


↑はちきょうのエントランスを左に見ながら奥に進むと、こんな隠れ家風のエントランスが登場します。

店内はカウンターのみです。


↑オープンキッチンでカウンター12席のみです。
入ってすぐの所にいけすがありました。

メニューは?


↑メニュー表がいただけるのですが、素材だけ書かれているパターンのやつですw
最近多いですよね~
コースは、12000円1本です。

では!コースをスタートします


↑毛蟹と雲丹とイクラの手巻き寿司
海鮮のBIG3ですねw
一品目から手巻きで驚きました。


↑椀物
蕪の上にタチの天ぷらが乗っていて、その上に浅利です。
モカさんは、タチの天ぷらが大好きなので大喜び!
逆に旦那っちはタチが苦手なのですが、こちらは美味しく食べる事が出来たそうです。


↑エゾ鹿の上にゴボウの素揚げ。
ジビエも大好きです。


↑お造り
本鮪と松川ガレイと帆立。
本当は鯖の所を、モカさんがアレルギー持ちなので甘エビです。


↑鮑の炙り雲丹味噌焼き
これは、ちょっとしょっぱかったかな~。。


↑韃靼蕎麦。


↑リコッタチーズ


↑フラの和牛のヒレ肉です。

お待ちかねの【つっこ飯】です!!

まさか【八響】で掛け声をかけてイクラを突っ込むとは想像していなくて、動画が間に合いませんでした。。


↑キンキの炊き込みご飯でした。
このご飯にイクラを突っ込むとは想像もしていませんでした!!


↑少なめとお願いしました。


↑そして、突っ込むイクラの搭乗です!!


↑イクラを突っ込まれた後
欲張って、たくさんイクラを突っ込んでもらいましたが、ご飯とイクラのバランスってありますねw
イクラが多すぎて、少ししょっぱかったです。

モカさん
モカさん
欲張り過ぎました。。。


↑半分くらい食べたところで、出汁をかけて食べます。
ひつまぶし方式ですね!

スイーツ

和食屋さんの最後の水菓ってフルーツだったりが多いのですが、ジェラートやイチゴと餡子が入っている春巻き的なのも美味しかったです。

食べてみた感想は?

本家の【海味はちきょう】は、とっても元気な海鮮居酒屋で客層も若い方が多いです。
一方【八響】は、とても静かな大人の雰囲気なので賑やかなのが苦手な方や、仕事関係やデートは八響の方が良いと思います。
個室があったら接待も可能なのに残念!

置いているワインもケンゾーエステートのワインを5種類取り扱っています。

モカさんは、こんな静かな店内でまさか掛け声を大きな声でかけるとは思っていなかったので、最初は驚きましたが一種のショーのようで楽しかったです。

八響の店舗情報とホームページ

店舗名八響
住所北海道札幌市中央区南3条西3丁目14-2FA-S3ビル1階
電話番号011-206-4968
営業時間18:00~24:00
定休日日曜日

八響のホームページ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です