北海道(観光・ホテル)

【富良野】フラノ寶亭留でフラノフィーカを楽しむ

2019年の11月に、以前から評判の良かったフラノ寶亭留に宿泊してみました。

フラノ寶亭留は【定山渓第一寶亭留グループ】で、北海道内で他に6施設あります。
35000坪の敷地に、たった25室のみのリゾートホテルです。
このホテルにも、宿泊者が利用出来る専用のラウンジがあって、時間帯によってスイーツが提供されている事もあったり、アルコールも無料で飲む事が出来ます。

フラノ寶亭留の場所は?


↑富良野駅から車で10分
ちなみに札幌からは高速道路を使って車で2時間

 送迎情報は?

冬季限定(12月1日~4月中旬)のみ無料送迎バスがあります(要予約)

  • 富良野駅発→富良野スキー場経由→寶亭留  始発15:00、始発17:00
  • 寶亭留→市街中心部(ふらのマルシェ付近) 始発18:00
  • 寶亭留発→富良野駅経由→富良野スキー場 始発8:30、始発9:30

フラノ寶亭留のパブリックスペースは?


↑宿泊時期が比較的閑散期だったので、本当にエントランスも静かでした。
バレーサービスは無いです。


↑ロビーです。
右にはアートショップがあって、道内アーティストの作品が展示販売されていたり、ちょっとしたお土産等もこちらにあります。
暖炉がロビーにあって、夜には暖炉を囲んでワインやマシュマロ等を食べる事が出来ます。


↑宿泊者専用のGlass barがロビー階にあります。
一部を除いてフリーでドリンクを飲む事が出来ます。
15時~24時まで営業しています。


↑画像はありませんが、長さ11メートルの1枚板の無垢のテーブルがあって、そこでチェックインの手続きをします。
ウエルカムドリンク&スイーツが提供されます。
シャンデリアが【ふらの牛乳】の瓶で出来ているのも素敵ですねっ!

 ギャラリー


↑ギャラリーがあってデンマークの家具が揃えられています。


↑一部作品は、販売もされていました。


↑これも可愛い!


↑館内には、至る所にアートが飾られています。

フラノフィーカを楽しむ

フィーカとは
それは、日に何度となく甘いお菓子とお茶を用意し、
家族や恋人とひとときのブレイクをする、北欧の「ティータイム」のこと。
ゆとりを大切にしたこの素敵な習慣を旅先でも取り入れたいと生まれたのが「フラノフィーカ」です。
旅を、人生を、ちょっと豊かに。それが「フラノフィーカ」のコンセプトです。

クラブラウンジの【アフタヌーンティー】を想像してください。


↑本日のフィーカのメニューもあります。


↑Glass barのソファー席です。
こちらでもフラノフィーカを楽しむ事が出来ます。


↑Glass barのメニュー
オリジナルカクテルがありました。
宿泊したのが11月なので【秋】が提供されていました。


↑こちらが有料メニュー


↑日本酒もあります


↑焼酎もありました

この他にビールやワインもありますし、勿論ソフトドリンクもあります。


↑こちらがフラノフィーカで提供されたスイーツです。
思った以上に種類が豊富で驚きました!!

 フラノフィーカで食べた物


↑白ワイン&ビール
ドリンク類は、ホテルのスタッフにお願いしないとダメなのですが、フラノフィーカの時間帯にGlass barにスタッフがいないので、ロビーの方にお願いしに行かなければなりませんでした。。

バーラウンジを楽しむ

ディナーの後は、宿泊者専用のバーでノンビリします。
一部を除いてフリーでアルコール等が提供されます。
↑のフラノフィーカで飲んでいたアルコールも、こちらのバーから提供されます。


↑ディナーの後に寄ってみました。


↑モカさんは、オリジナルカクテルの【秋】を飲んでみました。

夜は、ロビーでもアルコールが提供されます


↑Glass barでカクテルを飲んだ後に、暖炉の前を通ると鶴雅グループでもお馴染みの【マシュマロタイム】が開催されました。


↑ワインやクッキーも提供されていました。

お風呂については?

何故か温泉画像を撮っていなかったようです。
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で1Fと3Fに2ヶ所あります。
1F 檜風呂、露天風呂、ミストサウナ(低温ベンチ式)
3F 展望風呂、岩盤浴
1Fと3Fは時間により男女入替制です。
冬期間は閉鎖しています

宿泊した感想は?

こちらのホテルは、オーベルジュと言うだけあってディナーが素敵です。
アートフレンチで洗練されています。
宿泊者専用ラウンジは15時からオープンしていますが、明るい時間は常駐しているスタッフがいなくて少し不便。

フラノフィーカのメニューの画像にもありましたが、敷地内に自家製農園があって宿泊者は自由に収穫する事が出来ます。
この日は【大根】【キャベツ】【白菜】【アップルミント】【スペアミント】【レモンバーム】でした。
他の宿泊者の方々が大根を収穫していました!!
モカさんは仕事のついで?!で宿泊していてヒールだったので収穫は断念。。。
他の季節では、収穫できる野菜も違うし夏はラベンダーも咲いているしで、春夏秋冬楽しめますね!

冬の富良野&美瑛も見てみたいので、今度は冬に泊まってみたいです。

フラノ寶亭留の施設情報とホームページ

施設名フラノ寶亭留
住所北海道富良野市学田三区
電話番号011‐598‐2828
イン・アウト15:00・11:00

 

↓フラノ寶亭留の予約と口コミはコチラ

↓公式HPはコチラ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です