┠京都観光ホテル

ベッドの向かいに↑テレビです。 その左側には↑ネスプレッソと茶器&コップ類 ↑茶器類(下の蓋付きのカップは、部屋のティーバックを飲む時に使います。 ↑ネスプレッソ用のカップ ↑2段になっていて ↑1段目はお菓子(初日は、小倉山荘の『想ひそめし』だと思います
『京都旅行2017:京都 室町ゆとね(お部屋2)』の画像

次はお部屋についてです。 室町ゆとねは、7つ7種類の客室があります。↑モカさんがお世話になった客室です。階段の乗降を避けたいので、1階の部屋を指定しました。中庭にも面しているので、もしかしたら庭の桜が見えるかな~と思ったりもしましたが、季節が。。1週間早かっ
『京都旅行2017:京都 室町ゆとね(お部屋1)』の画像

今回の旅行のメインテーマが 『町屋旅館に泊まる』と『わらび餅&葛餅を食す』 だったので、2016年12月にオープンしたばかりの 『京都 室町ゆとね』 に宿泊出来て、本当にテンションが上がってしまって写真を撮りまくっていますww多分公式HPよりも詳しくレポ出来る
『京都旅行2017:京都 室町ゆとね(外観)』の画像

河原町でお買い物をした後は、いよいよ旅行のメインイベントの 都をどり の会場へ↑場所はココ 事前に都をどりのHPでチケットを事前に予約しました送られてくる『観覧券引換証』を印刷して、当日会場にて引き換えます。↑これが引換証最初で最後になるかもしれないので
『都をどりに感激!』の画像

平安神宮にも感激した後に、都をどりの為に早めに祇園にタクシーで移動。ですが。。。まだ時間があるので、ずっと祇園近辺ばかり歩いていたので、鴨川を渡って河原町方面に行ってみました。四条大橋の交差点は、観光客で溢れかえっていて1回の信号渡り切れるか不安になるほど
『京都カランコロン&nikinikiへ』の画像

六盛でランチを食べた後は、都をどりの予約時間まで時間があったので、近くにある平安神宮まで行ってみました。 六盛から歩いて行くと、冷泉通に到着します。目の前に応天門が後ろを振り返ると↓大鳥居が小さく見えました。 ↑平安神宮の見取り図です ↑応天門をくぐると
『平安神宮の桜みくじ♪』の画像

伏見稲荷大社で、イメージ通りの朱色に感激した後は、近くにある東福寺へ行きました 拝観時間が9時からで、9時少し過ぎに到着したのでほとんど観光客はいませんでした。 ↑東福寺境内見取り図 ↑三門です ↑思から見た三門この池に、大きなサギがいました ↑東司おトイ
『『そうだ、京都へ行こう』の東福寺へ』の画像

朝食を食べた後は、タクシー観光ですロビーで待ち合わせでしたが、GWだからか若干遅れてドライバーさんが登場 まずは、伏見稲荷に行きます。朝一で行ったので、駐車場は思ったよりも混雑していませんでした。見えてきました↑マップで見ると楼門ですかね?? ↑楼門です。
『伏見稲荷大社へ』の画像

2日目の朝です。朝食とタイトルに入れましたが、超満員で朝食風景の画像は撮れませんでした 宿泊は朝食セットでは無かったのですが、旦那っちが朝食ビュッフェを食べたいそうで。。朝食会場は、2階にある『アクアブルー』に行くと長蛇の列 ↑並んで待っている間に階下のロ
『ウェスティン都ホテル京都(館内&朝食)』の画像

二軒茶屋で休憩した後は、10年前を思い出しながら祇園四条通を散策。その後、ディナーの場所が白川南通沿いにあったので、そちらの方へ徒歩移動しました ↑祇園四条通の南側に南座がありました前回来た時は、存在自体に気が付いてなかったかも。。。何を観光したんだろう。
『白川南通をブラブラ』の画像

チェックインして少しユックリした後に、タクシーで円山公園へ。円山公園へは、旦那っちが坂本龍馬像をみたいそうで行きました。(何故か像の画像が見当たりません。。) ↑円山公園は、ツツジが満開で綺麗でした今度は、桜の時期に行きたいな~~ですが。。ほんと。。お天
『八坂神社&円山公園』の画像

ウェスティン都ホテル京都のバスルームです。 ↑洗面は2ボウル。奥はシャワーです。 ↑シャワーの隣はバスタブ ↑洗面台の向かいがトイレ ↑アメニティはブルガリ 洗面台の真ん中の黒い箱の中身は、コットンや髭剃りなど モカさんは湯船にはつからないので、シャワー
『ウェスティン都ホテル京都(バスルーム)』の画像

京都旅行の記事は、いきなりホテルからです(全然画像を撮ってなかったみたいです。。) チェックインしてから、ベルボーイさんにスーツケースを運んでもらいながらお部屋へ。アップグレードしていただいたようでしたが、最寄りのエレベーターから遠くて遠くて いつお部屋
『ウェスティン都ホテル京都(お部屋)』の画像

↑このページのトップヘ