空港で現地ガイドさんと合流。
モカ家だけだったようで、そのまま流れるように移動してホテルへ。
タイバーツへ両替をしたかったのですが、ガイドさんが空港のレートよりも良いレートで両替してくれるらしくって。
3万円分だけ両替してもらいました

↑ココまでの流れが物凄くスムーズで、予定よりも随分早くホテルへ到着しました。
7:30頃にホテルの1階車寄せの所で待ち合わせで、それまではクラブラウンジでノンビリして良いそうで(ベトナムの時も到着と同時にクラブラウンジは使えました)ドリンクだけお願いしてノンビリしていました。
(ホテルの記事は、最後に連発しますw)


ガイドさんと合流して、バンコク市内観光へ行きます
この日はバンコク名物の渋滞も全くなくてスムーズにワットプラケオ(王宮)に到着しました。
まだ営業時間前だったので、あちこち歩いて観る事に。

t59
↑プミポン前国王の葬儀殿を外側から見ました。
王宮の隣にあるサナームルアン(王宮前広場)にあります。
プミポン前国王は、本当に国民から愛されていた国王だったのは知っていましたが、この人数を目の当たりにするとプミポン国王がご存命の時にタイに訪問したかったな~と。。。

驚いたのが1年かけて作った葬儀殿を、公開が終わったら壊してしまうそうです。
プミポン国王の為だけに作られた施設です。

t60
厳かな気持ちになった後に、王宮の門まで歩いて行きます。
↑白い塀の外側から王宮が見えます。

t61
↑こうして門の前に行列をして待ちます。
タイ警察の女性の制服がカッコイイですよね

t62
開門と同時に観光客がなだれ込みます
↑ここは撮影スポットらしくって、色んなツアーの方々が団体で撮影していました。

t63
服装チェック後は、チケットブースまで一直線。
チケットはタイ人は無料で外国人は500バーツ。

t64
↑チケットブースの左手に入場口があります。(この奥)

t65
↑黄金の仏塔
圧巻ですね~~アユタヤの仏塔をモチーフにして作られたそうです

t66
↑プラモンドップ
法典が納められているそうです。

t67
↑多分ホー・プラ・ナーク
王子や王女たちの遺灰が納められている霊廟

t68
↑各門の両脇にはヤック像

t69
プラサート・プラテープ・ビドーンを支えているのは悪魔と猿神です。

t70
8基の仏塔

t71

t72
↑エメラルド寺院の本堂の画像が少ない。。。
もっと撮れば良かったです

t73
↑ここから中に入ります。
中は撮影禁止です。エメラルド仏は暑季・雨季・寒季で3回衣替えをするそうです。

t74
↑回廊の絵を見て、タイの古い物語の勉強をします。

t75
チャックリーマハープラサート宮殿
迎賓館として使われているそうです