5月15日。
ミシュラン北海道2017の出版パーティーのようすが、道内の情報番組で放送されていて
星を獲得したレストランをチェックしていたモカさん。

その中に、前から行きたくてブックマークしていたレストランを数軒発見っ

まずい。。。
本が発売されてしまったら、混雑して行く機会が無くなる


と言う事で、慌てて予約したレストラン。
それが古今山久さんですw←前置き長いよ(;´・ω・)

まだ発売前だったので、すんなり予約出来てホッとしました
ディナーコースは、5500円と7500円の2本立て。
今回は7500円のコースをお願いしました。

s2017-237
↑先付 蛍烏賊と鮑、独活の木の芽味噌
蛍烏賊が苦手な旦那っちの分もモカさんが食べます(蛍烏賊だけ)

s2017-238
↑吸い物 あさりと真薯の吸い物
ここでウッカリ。。。椀の中を撮り忘れました。。。
浮かれ過ぎたと反省。。(・ω・|l|)ガーン

s2017-239
↑造り 本日の鮮魚

s2017-240
↑温物
卵のような器で提供されました(*´∀`)
蓋を開けると
s2017-241
↑百合根の茶わん蒸しが登場

s2017-242
↑ここでメニューに載っていなかった、料理長からの1品です。
鰻の白焼き
モカさん。。。鰻が食べられないのですが、せっかくなので1口食べてみますが
やっぱりダメで旦那っちへ(;´Д`A ```

s2017-243
↑日本酒を頼むと、お猪口を選べます

s2017-244
↑煮物 里芋と甘鯛の揚げ出し
とても個性的な器で、スタッフでもある奥様が洗うのに四苦八苦されているそうですw

s2017-245
↑魚料理 キアラと蛤と自家製豆腐の煮付け

s2017-246
↑肉料理 十勝豚の肩ロースグリル

s2017-247
↑お浸し 季節の野菜のお浸し

s2017-248
↑食事 鶏の炊き込みご飯
もうお腹がパンッパンだったモカ夫婦なので、お持ち帰りさせてもらいました。

s2017-249
↑なのでお味噌汁と香の物だけ。

s2017-250
↑デザート いちご蜜の豆乳羹と くるみきんつば

何がビックリって、和食のお店のデザートとは思えないほどのキュートさ
めちゃくちゃフォトジェニックですよね
和食のお店の甘味は、フルーツだったり抹茶のアイスだったり、今まではあまり
楽しみでは無かったモカさんですが、こんなにキュートで美味しいデザートが出るなら
最後の最後までワクワクしますね

店内は、カウンターと厨房の高さが違っていて(厨房の方が1段高い)
カウンター好きのモカ夫婦的には、若干淋しい感じもありましたが料理内容は大満足です。
ご夫婦二人で切り盛りしていて、店内も15席と席数が少ないので次いつ行けるのかな~??
なんて不安になりましたが、又季節が変わったら再訪したいな~と思いました(*´∀`)

店名・・・古今山久
HP・・・http://kokon-yamahisa.com/

↓場所はココ↓お店の詳細はHPで確認して下さい