ちょっと記事が前後しますが、2018年9月28日にオーベルジュ・ド・リル サッポロで開催された『北海道』の食材に特化したガラディナーに行きました。
これはその前の月(8月)にあった株主優待フェアの時に案内があって、その場で席を予約していました。
予定では、株主フェアの記事を先に書こうと思っていましたが、画像加工が前後してしまって


201952
↑席に着くとすぐに
クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット・ミレジメ

201953
↑百姓やさんの根セロリのムース 真狩産新ゆり根

201954
↑花咲ガニと甘エビのコンソメクリュスタッセジュレ

201955
↑白カブと生ピーナツのサラダ

201956
↑鵡川町かぼちゃのニョッキとスープ

201957
↑ ドメーヌ・フェレ プイイ・フュイッセ オトゥール・ド・フュイッセ
お隣が『アラン・ミリア』のカシスネクター
とても濃厚で美味しいジュースです。

201958
↑フォワグラのポワレ 北海道産ほおづきと百姓やさんホワイトカラントトマト

201959
↑北海道産ブリのエピスパネ 無農薬玉ねぎと鵡川町原木椎茸のクーリー

201960
↑北海道産帆立貝と真鯛 百姓やさんのチリメンキャベツのファルシィ スープドポワゾン

201961
↑鮟鱇のムニエル 鵡川町のトマト「ピッコラ・ルージュ」のコンフィ ノワゼットのソース

201962
↑鮟鱇の煮こごり風 カリフリ農園の卵と赤玉ネギとビーツのグリビッシュソース

201963
↑北海道産牛肉と十勝マッシュルームのトゥルト トリュフ風味

201964
↑モカさんが赤ワインが苦手なので、違う白ワインがサーブされました
シャトー カルボーヌ ブラン

201965
↑エゾ鹿肉のロースト グロゼイユの香る赤ワインソース エシレバターとタイムの香り

201966
↑百姓やさんの色々なジャガイモのロースト エシレバターとタイムの香り
お料理が少しずつなのですが、とても多いのでこの辺でお腹がパンパンで。。
ジャガイモは余計かな~。。。
このジャガイモ無しでデザートの方が良かった。。。

201967
↑ショコラのヴァリエーションと鵡川町のシーベリー

201968
↑最後にコーヒーと小菓子


この時は、『頑張ろう北海道』として食で被災地を応援する目的もあったので鵡川町の物が多く使われていました。
鵡川町は、色んな野菜やお米も取れてとても豊かな土地です。
モカ家の親戚も農家で震災当時は、連絡が取れなくて本当に心配しましたが、ケガもなく無事だったようでホッとしました。

ちなみに札幌市の清田区は未だに住宅は傾いたままで、近くの道路を通るたびに胸が痛みます。。
最近、近くの美しが丘や月寒東近辺も液状化が判明して。。
又いつ来るか分からない災害の為にも、この時の経験を忘れずに普段から備えたいです。
(当時を思い出してタイトルと話がそれてしまいました


場所はココ↓