ようやくディナーの時間になりました。
レストランの株主優待の時のように、宿泊者全員で一斉に食べるのかと思っていましたが、好きな時間を選ぶ事が出来ました。
レストランの時は、一斉に始まって最初に取締役の方とかの挨拶があったり、シェフの挨拶があったりします

o281
↑すっかり日が暮れました。

o282
↑レストラン棟です。

この先は、階段があって下に降りて両サイドのテーブル席で食べるのですが、そこの画像を小心者なので撮影していません

o285
↑店内です。

大きな窓があって明るいと景色が綺麗だと思いますが、真っ暗なので何も見えません。

o283
↑最初にひらまつオリジナルの『宜野座』という泡盛からスタートです。

o284
↑県産豚のフロマージュ・ド・テッド

o286
↑赤ピーマンのムースリーヌ 爽やかなトマトのクーリー

o287
↑泡盛の後にシャンパンがすぐ来て、ノンビリしていたら白ワインも

余談なのですが、モカさんが座った席がたまたま照明の暗い方でして。。。
o288-1
↑この画像から
↓この画像へ全部加工していたので、物凄く画像加工に時間が掛ってしまいました
 もう全部真っ黒だったので。。頑張ったな~と思ってくださいww
o288
↑シャンパーニュを纏わせたポロ葱のデリス ウォッカ風味のクリームとキャビア添え

o289
↑黒トリュフのスープ
これはポールボキューズのスペシャリテとしても有名ですね。
宜野座で食べる事が出来るとは驚きでした
上のパイの蓋を外すと、ふわっと黒トリュフの良い香りが広がります。

o290
↑オマール海老のリゾット ソース・アメリケーヌ

o291
↑モカさんは赤ワインが苦手なので、別の熟成が進んでいるタイプの白ワイン。
旦那っちは赤ワインを飲みます。

o292
↑フランス産小鳩のグリエ ソース・エーグルドゥース

o293
↑デザートワインです。
このデザートワインは酔いが進みますね。。w

o294
↑洋ナシのコンポート ポワールウィリアム風味のサバイヨン仕立て

o295
↑小菓子&アイスコーヒー

もうお腹がパンパンだったので、お持ち帰りしました。↓
o296
次の日に食べたけど美味しかったです(*´∀`)